川西倉庫株式会社 川西倉庫株式会社

川西倉庫株式会社 川西倉庫株式会社

採用情報

先輩インタビュー interview

当社社員のインタビューをご覧いただけます。

各部署で業務にあたっている社員の具体的な業務内容ややりがい、夢などを語ってもらいました。

ぜひ、参考にしてください。

先輩インタビュー

輸入倉庫業務のワークフロー

輸入倉庫業務のワークフロー図
  • 国際部
  • 情報システム部
  1. 01先輩社員
    インタビュー
  2. 02先輩社員
    インタビュー
  3. 03先輩社員
    インタビュー
  4. 04先輩社員
    インタビュー
  5. 05新入社員
    インタビュー
先輩社員インタビュー 営業二課 2017年入社

営業二課

2017年入社

私たちが生活していくうえで必要不可欠な物流業界。川西倉庫では周りと協力しながら業務を進めていくことが多いので、学生時代に培った協調性を活かすこともできます。是非当社や物流業界を視野に入れてみてください。

業務の内容

コーヒー豆の輸入荷捌業務を担当しています。通関書類を入手し、本船の入港スケジュールを確認したり、入港前から倉入れ、通関許可までのスケジュールを通関課、営業所と連携しながら仕事をしています。

仕事の面白さ、やりがいを感じるとき

コーヒー豆の輸入は他の食品貨物に比べるととても多く、毎日世界各国から輸入されたコーヒー豆を取り扱っており、貨物量の多いコーヒー豆の全体のスケジュールを把握するのは難しいことですが、日々確認するように心がけています。時には急に本船スケジュールが変更になったり、コンテナのダメージなどトラブルに見舞われることもありますが、本船遅れはお客様や営業所に連絡し、ダメージコンテナは船会社とやりとりしながら対処しています。毎日何が起こるか分からないですが、その都度学び、対処できるようになったことに嬉しく思います。

夢、目標

入社してから荷捌きを担当してきましたので、もっと知識を蓄えるためにも通関士の資格取得も視野に入れて、お客様にも分かりやすく説明できるように頑張っていきたいです。

思い出深いエピソード

お客様より、急ぎの貨物なので倉入れから通関許可まで最短でお願いしたいと急な要望をいただくこともあり、営業所や運送会社には、円滑に倉入れやコンテナピックをしていただきました。また、輸入通関に必要な書類に不備がないかを確認し、通関課には事前に書類を審査してもらいました。その甲斐もあって、倉入れが終わり次第すぐに通関許可となり、お客様へ連絡した際には大変喜ばれ、感謝の言葉をいただきました。ここまでの流れは営業所、運送会社、通関課と連携をとることで無事に終えることができたのだと実感しました。また、お客様に喜んで頂けると私もとても嬉しく、やりがいを感じました。

先輩社員インタビュー 通関課 2009年入社

通関課

2009年入社

当社では物流に関する様々な業務を行っており、周りとのチームワークで業務が成り立ち、国内外の物流が動いていること強く感じられます。物流業界という生活を支える縁の下の力持ちのような仕事に、ぜひ目を向けてみて下さい。

業務の内容

通関士として、輸入申告書の作成、申告、税関検査の立ち合いといった、お客様の輸入貨物に関わる通関手続の代行をしています。

仕事の面白さ、やりがいを感じるとき

倉庫における保管や入出庫だけでなく、輸出入や通関に関する業務などを通じて、貿易・物流の大きな流れを感じることができます。

また、食品を始めとした、多種多様な貨物を取り扱っているので、通関課では輸入申告書の作成にあたり、専門性のある知識が身につくことにやりがいを感じます。責任と興味を持って業務に従事することを心掛けています。

夢、目標

行政機関である税関への手続きに求められる正確性と、お客様の要望に応えるための迅速性を両立させ、認定通関業者の通関士として、長期的に信頼される人材となることが目標です。

思い出深いエピソード

近年、日本ではTPP11、日EU経済連携協定、日米貿易協定といった大きな経済連携協定(EPA)が立て続けに発効されました。これらの協定を使用して輸入手続をするには、定められた規程等を満たす必要があるため、より厳しく精査せねばならず、特に初回の申告は慎重になります。納期が迫る中、時には上司や税関の方にも相談し、関係各課所との連携を経て、無事EPA税率を使用して輸入許可となった際にはやり遂げた達成感がありました。

先輩社員インタビュー PT Kawanishi Warehouse Indonesia 2013年入社

PT Kawanishi Warehouse Indonesia

2013年入社

入社した当時は、5年後にインドネシアで働いている姿は全く想像していませんでした。海外で経験を積むという非常に貴重な経験ができるチャンスが当社にはあります。日本のみならず海外でも働いてみたいと考えている方は是非そのチャンスを当社で掴んでください!

業務の内容

日々の入出庫伝票の対査、入庫スケジュールおよび保管スペースの調整、請求書の内容確認、冷凍冷蔵機設備の管理、人材採用等、倉庫業務に関すること全般を行っています。

仕事の面白さ、やりがいを感じるとき

生活の中で物流は切っても切れない存在で、特に食品は人間が生きていくうえで最も重要な物資でもあります。消費者としては普段見ることのない原材料品もあれば、各店舗へ配送し陳列される最終製品等、多種多様な貨物が倉庫に入ってきます。買い物に行った際、自分が関わった食品がスーパーに陳列されていたり、原料が加工され製品となって販売されているのを見ると、改めて人々の生活を支えており、倉庫業が必要なのだと実感します。

夢、目標

現在建設中の川西倉庫初全自動倉庫システムをインドネシアで成功させること。また、これまで経験してきた冷凍冷蔵貨物のみならず、全ての貨物をコーディネートできる物流のプロを目指します。

思い出深いエピソード

ある貨物の入庫作業が終了し伝票をチェックしていると、複数のコンテナに分かれて入庫した同一貨物において、破損が多く発生していることに気付きました。コンテナへの積み込み、荷捌きの状況を現場作業員に確認すると、コンテナ積み込み側(輸出国側)の積み付けに問題があると推測され、お客様へすぐ情報を展開しました。すると「原因を考察いただきとても助かりました。メーカーと共有します」と仰っていただきました。

お客様も物流のプロではありませんので、自分なりに原因を考察しお伝えすることで、お客様のお役に立ち信頼していただけると感じられました。

先輩社員インタビュー 営業所 2015年入社

営業所

2015年入社

学生時代に、多くの仲間と協力し何かを成し遂げる、あるいは、これから成し遂げようとする人もいると思います。同様に物流の仕事も、たくさんの人の協力の上に成り立っています。学生時代の経験は決して無駄にはなりません。さまざまなことを経験し未来に繋げていってください。

業務の内容

倉庫に到着した貨物の入出庫業務を担当しております。貨物の入出庫、保管を適正に管理することが私の仕事です。

仕事の面白さ、やりがいを感じるとき

日々の業務の中で、早急に入庫、納品してほしいという依頼があります。このような依頼に応えるためには、事務方の担当者や現場の作業員と協力し、事前準備を整えておくことが不可欠です。お客様の希望通りに納品ができ、感謝のお言葉をいただけた時がやりがいを感じられる瞬間です。

夢、目標

貨物はただ倉庫に保管していれば良いという訳ではなく、それぞれの貨物の特性にあわせ、保管場所や温度帯を判断する必要があります。現在、勤務している営業所は、保管している貨物の種類が豊富ですので、それぞれの商品について、多くの知識を学び、またそれをお客様のご要望に活かせるようになることが目標です。

思い出深いエピソード

お客様が来所され、入庫作業を見学していただく機会がありました。取扱いが難しい貨物でしたので、お客様に検品の仕方、課題となる点をお伝えしながらの見学となりました。見学後、お客様に「そこまで考慮し、取り扱いをしていただいていることに安心しました」という嬉しい言葉をいただくことが出来ました。ひとつひとつのことに真剣に向き合うことでお客様に安心してもらえたことが思い出深いエピソードです。

新入社員インタビュー 京浜支店/通関課 2021年入社

京浜支店/通関課

2021年入社

志望動機

私は社会貢献度の高い仕事に就きたいという思いを持ちながら就職活動を行っていました。その中で、通関業務は、迅速に行われなければ「モノ」を国内に流通させることができず、社会において欠かせない社会貢献度の高い仕事であり、興味を持つようになりました。

当社は多機能な倉庫を保有しており、様々な貨物を取り扱っている点や食品分野に強みを持っており、日本の「食」を陰ながら支えることができることに大変魅力を感じました。また、面接の際に素の自分を引き出してくださったことや先輩社員の方々の雰囲気が良かったことも入社の決め手となりました。

業務の内容

私は現在、通関書類の作成、ダブルチェック、税関への書類の提出や返却書類の受け取り、電話応対などを行っています。食品など多種多様な貨物を取り扱っているため、通関書類の作成やダブルチェックなど、一つ一つの仕事に誠意を持って取り組むように心がけています。また、通関士の資格の取得を目指しており、隙間時間を使いながら、日々勉強に取り組んでいます。

仕事の面白さ、やりがいを感じるとき

私は通関業務を行う中、関わった貨物をスーパーなどのお店で見かけた時に、人々が生活していくうえで欠かすことができない「食」を陰ながら支えることが出来ていると改めて実感し、とてもやりがいを感じています。日々業務を行う中で、今まで知らなかった貨物や原材料などに出会うことも多く、とても興味が湧き面白味を感じています。

新入社員インタビュー 情報システム部/システム二課 2021年入社

情報システム部/システム二課

2021年入社

志望動機

私は社会貢献度の高い業界を志望しており、社会のインフラを支える物流業界に関心を持ちました。また、私は学生時代に物流センターでアルバイトをし、自分が携わった商品が流通していくことにやりがいを感じていたことも物流業界への関心に大きく影響していました。

物流業界の中でも当社は、主に食品を中心に扱っているため、身近なところから人々の生活に貢献できると感じ志望しました。また、当社においては幅広い仕事を経験できると感じたこと、面接時の雰囲気が良かったことも入社の決め手になりました。

業務の内容

私は情報システム部システム二課でオペレーション業務、他部署から寄せられるシステムに関わる業務依頼の対応を行っています。オペレーション業務では業務で利用するシステムが正しく稼働しているか、各種ハードウェアに異常が発生していないかの確認や、バックアップ用データの保存作業などを行っています。オペレーション業務は、1つのミスで会社の業務全体に影響を及ぼす処理もあるため、正確な作業を心掛けています。

仕事の面白さ、やりがいを感じるとき

システムに関わる仕事は、専門知識が必要なこともあり、覚えることが大変な面はありますが、日々新しいことを学び、業務にすぐ活かしていけるところが面白いと感じています。

また、担当している業務依頼を正確に遂行し、他部署の方から感謝の言葉をいただけた時には、システムを通じて自身の業務が他の社員の役に立っている実感が湧き、やりがいを感じています。

本社外観

お問い合わせCONTACT

川西倉庫株式会社 
人事部人事課

652-0831

神戸市兵庫区七宮町1丁目4-16

(078) 671-7931

MAP